ライン

ヒプノセラピーの誘導

ライン




・ヒプノセラピーの様々な誘導をご説明いたします。
・場合によっては、複数の誘導が入ったセラピーや、ここに記載している内容以外のセラピーになる可能性もあります。

インナーチャイルド

心の中の子供(幼児性)を癒すセラピー

・無意識下で、自身の幼児性を投影し癒していくセラピーです。
・インナーチャイルドは、サブパーソナリティ(副人格)の中の一つで、その名のとおり幼児性の人格です。
・インナーチャイルドは、主に対人関係に関わる人格です。

ハイアーセルフ

心の中の大いなる存在に会いに行き、アドバイスやメッセージを賜わるセラピー

・無意識下で、ネガティブ要素を排除した統合人格を投影する事によって、癒されるセラピーです。
・ハイアーセルフは、サブパーソナリティ(副人格)の一部で、ネガティブ(マイナス)要素を排除した状態で、統合された人格です。
・プラス要素の塊ですので、例えば神仏や聖人、賢者などの姿で投影されたりします。
※他の存在(霊など)との交霊術ではありません。

サブパーソナリティ(副人格)

心の構成要素である人格たちと話し合い、心のバランスをとるセラピー

・無意識下で対象を投影し、必要があれば退行催眠を用いて、問題を解決していくセラピーです。
・誕生から思春期にかけて人の人格は形成されていきます(人格形成期)。
・その人格は基本的に感情に対応しています。
・各人格(感情)を最適なバランスに統合しなおすセラピーです。
※・年齢退行や前世療法で出会う過去の自分もある意味、断片化したサブパーソナリティであるといえます。
・誘導パターンが多種多様の為、『筋書きの無いセラピー』とか『白紙のセラピー』と言われるヒプノ誘導の最高峰です。

年齢退行・幼児退行・胎内退行

ヒプノセラピーの中核となる、幼児期、胎内期への退行催眠を使ったセラピー

・退行催眠を使って、無意識にある記憶の断片をイメージ化していきます。
・お悩みの原因のほとんどは今生きているこの人生の中にあります。
・特に幼少期は、人格形成に多大な影響を与えています。
※前世療法のように、派手さが無い分、基本に忠実なセラピーですので、誤魔化しが通用せず、逆にカウンセラーの腕が問われます。

前世療法(過去生療法、過去生退行)

ワイス博士の著書で有名になった、ヒーリングテクニックを交えた退行催眠のセラピー

・アメリカの精神科医、ブライアン・L・ワイス博士の著書で有名になった、ヒプノの代表的なセラピーです。
・退行催眠を使って、無意識にある記憶の断片をイメージ化していきます。
・今の人生以外に問題の原因がある場合に有効なセラピーです。
(※今の人生に問題の原因がある場合は、年齢退行のセッションが必要です。)
・また今の人生における自分のポジションを確認するのにも最適なセラピーです。
※セラピーのキーになる部分は実は前世ではなく、あの世に行った後だったりします。

未来世療法

誘導そのものよりも、解釈が難しいスピリチュアル色の強いセラピー

・近年登場した退行催眠を用いたセラピーです。
・その名のとおり退行催眠をもちいて、未来世をイメージ化していきます。
・精神世界的な解釈がないと、このセラピーに依存してしまう可能性がありますので、鷹宰心理療法所では希望される方のみに、
充分に説明させていただいた上で行っています。
(※カウンセリングの結果、カウンセラーから未来世療法を指定する事はありません。)
※従来からありますヒプノセラピーの『未来順行』とはやや異なります。










京都新聞トマト倶楽部 SHARP プラズマクラスター、全スペース導入済 盲導犬・介助犬の介在可(ペットは不可) FREESPOT skype takatsukasaaoiをフォローしましょう Facebook rdf
当サイトの文章、及び画像の無断転載および引用はお断りいたします。 Copyright (C) 鷹宰心理療法所 All Rights Reserved.