ライン

心理療法

ライン




ここでは、鷹宰心理療法所で行っているその他の心理療法をご紹介します。

カウンセリング(クライエント中心療法)

・いわゆるカウンセリングです。
・ロジャース(Rogers,C.R)という心理学者が提唱した心理療法です。
・何でもお気軽にご相談下さい。
・ご夫婦、ご家族一緒のカウンセリングもお受けします。なお、その料金は カウンセリング1回分になります(人数分必要ではありません。)
・希望される方には、セラピードッグを介在させた状態でのカウンセリングも可能です。

自由連想法

・精神分析の祖であるフロイト(Freud,S)が催眠療法の代わりに始めた心理療法です。
※厳密にはブロイアー(Breuer,J)との共同研究。
・催眠療法と同じように、薄暗い部屋で安楽椅子にかけていただき、心に浮かんだ事を自由にお話いただくセラピーです。
・ヒプノセラピーが難しい方に使う技法ですが、慣れてこられたら、ヒプノセラピーに 変更できるケースもあります。

行動療法

・ヒプノセラピーや精神分析とは、全く逆の発想で、客観的に見られる 人間の行動に焦点を当てた心理療法です。
・人間の行動は、経験や練習によって習得されたものであり、不適切な行動や 問題行動も同様という考え方に基づき、
新たな学習により、 行動の修正を行います。
・鷹宰心理療法所では、主な技法として、エクスポージャーと系統的脱感作を行っています。

認知行動療法

・行動と人間認知の歪みに焦点を当てた心理療法で、ベック(Beck,A,T)によって創案されました。
・人間の認知が、行動に影響を与えるという考え方に基づき、その極端な歪みを修正する事で、行動の修正を行います。

エクスポージャー(暴露法)

・不安障害に対応する心理療法として、行動療法の主流となる技法です。
・不安障害に対しては、従来はフラッディングという、強い恐怖を伴う問題場面に直面させる 手法が用いられてきました。
・エクスポージャーは、恐怖の伴う問題場面に直面させるという点では、フラッディングと同じですが、 不安階層表(ハイアラーキー)を用いて、
弱い恐怖場面から段階的に直面させていく点が異なります。

系統的脱感作

・ウォルピ(Wolpe,J)による行動療法の技法。
・エクスポージャーのイメージ療法版といったところでしょうか。
・手順としましては、まず、リラクセーショントレーニングを充分に行った後、 エクスポージャー(暴露法)と同様に、不安階層表(ハイアラーキー)を作成して、 不安・恐怖に対するSUD(自覚的障害単位)による、ランク付けをします。
・そしてランクの低いものから、順番にその場面をイメージしていきます。
不安を引き起こす刺激の場面がイメージできたら、イメージ誘導による
リラクセーショントレーンングを行います。

※鷹宰心理療法所では、クライエントのケースによっては、エクスポージャーを 行いますが、基本的には、イメージの中で行う系統的脱感作を、
行動療法のメインの手法にしております。

リラクセーショントレーニング

・緊張すると肩がこるように、不安な状態は緊張状態を作り出します。
・これをトレーニングによって、弛緩させていきます。
・ヒプノセラピーの導入部や系統的脱感作で主に使いますが、ご自身でできるように 指導する事がございます。
鷹宰心理療法所では、イメージ誘導、自律訓練法、漸進的筋弛緩法の3つをお教え しています。
・ちなみにヒプノセラピーの誘導の中にも、イメージ誘導によるリラクセーション トレーニングが含まれています。

Web Shopでは小板橋喜久代先生監修のリラクセーショントレーニングCDも 扱っています。

催眠暗示を使ったイメージトレーニング

・催眠暗示を使った行動修正です。
・「原因」より「結果」を意識して、目標を達成していきます。
・イメージトレーニングを併用する事で、直接、無意識にはたらきかけていきます。
・禁煙、ダイエット、成績向上などの目的で行う事が多いです。


・ただしヒプノセラピーと比較した場合、効果が出るのに日数がかります。
・ご依頼内容によっては、ヒプノセラピーや他の心理療法を併用いたします。
・場合によっては、ここに記載以外の心理療法などを行う事があります。
Web Shopでは鈴木光彰先生誘導の催眠暗示CDも扱っています。










京都新聞トマト倶楽部 SHARP プラズマクラスター、全スペース導入済 盲導犬・介助犬の介在可(ペットは不可) FREESPOT skype takatsukasaaoiをフォローしましょう Facebook rdf
当サイトの文章、及び画像の無断転載および引用はお断りいたします。 Copyright (C) 鷹宰心理療法所 All Rights Reserved.